クックパッド料理教室事務局ブログ

先生向けのお知らせやトレンド情報などをお伝えしています

【ご報告】座談会@クックパッド恵比寿オフィス を開催しました!

20171227日(水)、5名の先生にお集まりいただき、恵比寿のクックパッド本社オフィスにて、座談会を開催いたしました。

 

今回の座談会は少人数でのテスト開催で、首都圏で運営されている教室のみのお声がけとなり全教室へのご案内ではなかったことや、先着順での参加受付となり、残念ながらご参加いただけなかった先生もいらっしゃったこと、大変心苦しく思っておりますが、今後もこのような機会を検討してまいりますので、ご容赦いただけますようお願いいたします。

 

それでは、早速、今回の座談会をレポートいたします。

 

座談会とは?

1つのテーマについて、講師の先生方同士で意見交換をしていただく、クックパッド料理教室事務局主催のイベントです。

テーマについてそれぞれの教室運営ノウハウを共有いただき、今後の教室運営の参考にしていただくとともに、先生同士の交流の機会となればと企画し、テスト開催をいたしました。

 

今回のテーマは、「次回レッスンの効果的な案内方法」

先生おひとりずつ簡単な自己紹介をしていただいたあと、テーマについて取り組んでいることを付箋に書き出していただきました。5分の時間をとったのですが、みなさん、たくさんアイディアが出てきて、あっという間に5分が経ちました。

 

f:id:cookstep:20171227163208j:plain

 

次に、付箋をホワイトボードに貼りながら、書き出したアイディアについてほかの先生方に共有をしていただきました。

 

f:id:cookstep:20171227163917j:plain

 

メモを取っていらっしゃる先生方の姿や「ウンウン」「なるほどー!」というお声がたくさんあったことが印象的でした。

 

最後に、ほかの先生が発表したことを参考に、ご自身の教室で取り入れてみたいこともおひとりずつ発表していただきました。

 

先生方のアイディアまとめ

先生方から挙がったご意見をグループに分けると5つのグループに分けられました。

 

1.レッスン自体の満足度を高めること

今回のテーマは次回レッスンの効果的な案内方法でしたが、次回レッスンの案内をして予約につなげるためには、レッスンが満足できるものであることが前提となり、そのお取り組みについてたくさんのアイディアが挙がりました。

 

メニューの決め方、季節感を意識した会場空間の作り方などたくさんのアイディアがありましたが、レッスンに参加するユーザーの期待を越えることがレッスンの満足度を高めるため取り組みの共通点でした。

 

2.次回参加可能なレッスンを準備しておくこと

次回レッスンの案内をするためには、次にどのようなレッスンを実施するかが決まっていることから始まります。そのため、早めにレッスン登録をして予約につなげるという意見がいくつも挙がっていました。

 

※これまでにユーザーの予約データを見たりユーザーインタビューをしたりして、レッスン実施の2ヶ月前までにレッスン登録をすると、予約につながりやすいということがわかっています。そのため事務局としては、レッスン実施の翌々月までにレッスン登録をしていただくことをおすすめしています。

 

また、美味しそうと思ってもえる写真を撮るという意見も挙がっていました。

「写真=情報」なので、どれくらいのボリュームなのかなどレッスンがイメージできる写真を掲載することが集客には重要になりますね。先生の分身として、レッスンの魅力を伝える営業マンの役割をもつ写真やレッスンページの文章。「もっと頑張ろう」というお声がお聞きできたのが嬉しかったです。

 

3.次回参加可能なレッスンをレッスン時に紹介すること

レッスンに参加している時が一番満足感を感じていて、また次回参加したいという気持ちが高まっている時です。「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、レッスン中に次回参加可能なレッスンを紹介することが大切です。

 

以下のようなお取り組みで、自然と次回予約可能なレッスンの話題になるよう工夫している先生もいらっしゃいました。

・クックパッド料理教室の機能にある「次回案内チラシ」を配布する

・PCで次回予約可能なレッスンのページを開いておく

・試食の時に先生から次回開催するレッスンの話題をする(自信を持って!)

 

4.レッスン後のフォロー・つながり作り

レッスンの後にも生徒さんとコミュニケーションを図り、レッスンの満足度を高めるとともに、次回予約可能なレッスンの紹介をするアイディアが挙がっていました。

 

・グループメッセージを使って、レッスンのお礼や次回案内をする

・InstagramなどのSNSの紹介や情報発信

 

今まで取り組んではいたけれど、もっと積極的に使っていこうというお声が挙がっていました。

 

5.ユーザーニーズに応える

こちらも1.レッスン自体の満足度を高めることでもありますが、次のレッスンの参加に向けた動きとして分けて整理しました。

 

・レッスンの時に、次に参加したいレッスンの日程やメニューのリクエストを受け付ける

・初回の生徒さんにアンケートを実施し、レッスン参加の動機(どういう欲求を満たしたいのか)、今後作りたいメニューなどを把握し、それに基づいたレッスン開催やレッスン運営をする 

 

以上が先生方から挙がったアイディアのまとめです。

 

このブログを読んでくださっている先生のレッスン運営の参考になるアイディアがありましたら、ぜひ、実践していただけたらと思います。

 

 

ご参加くださった5名の先生、ありがとうございました!

 

https://files.slack.com/files-pri/T02EQRUNZ-F8LBBURP0/dsc_2344.jpg

 

 

2018年1月25日(木)には、また恵比寿オフィスでの開催となりますが、参加数10万人突破記念パーティーがございます。たくさんの先生方に直接お目にかかれることを楽しみにしております!