クックパッド料理教室事務局ブログ

先生向けのお知らせやトレンド情報などをお伝えしています

メッセージ機能、有効活用していますか?

ユーザーと先生のコミュニケーションツールのひとつであるメッセージ機能

今回は、メッセージ機能の有効活用方法をご案内します! 

 

メッセージ機能とは

f:id:cookstep:20170713152045j:plain

 メッセージ機能は、レッスンの予約者と先生との間でメッセージの送受信ができる機能です。

 

 予約者個人に対して送れる「個別メッセージ」と、レッスン日程ごとに予約者全員に対してメッセージを送信する「グループメッセージ」があります。

 

次にそれぞれの活用事例をご紹介します。

 

個別メッセージを有効活用しよう!(活用事例紹介)

レッスンの予約者個人との連絡手段である「個人メッセージ」。ほとんどの先生は以下の目的で利用しています。

 

・ユーザーからの問い合わせ

ユーザーから遅刻連絡、教室までの交通手段などの質問を受け、それに回答するために個別メッセージ機能を使用します。

 

・緊急の連絡

台風や先生の体調不良などでやむを得ず休講する場合などで、確実に各予約者に連絡をするために個別メッセージを使用します。

※この場合、グループメッセージを利用すると、確実に全ユーザーに連絡が取れず、トラブルになる可能性があるので、必ず、個別メッセージをご利用ください。

 

しかし、個別メッセージの利用方法はこれだけではありません!

 

・新規ユーザーへの挨拶

新規ユーザーからの 予約があった場合、受領メールとは別に、個別メッセージ機能を使って、先生からユーザーに挨拶メッセージを送っています。

 

初めて参加する教室の場合、「どんな先生かな」と不安に思っているユーザーもいるので、先生から事前にメッセージがあると、安心してレッスンに臨めるようです。

また、先生にとっても新規ユーザーに事前に連絡するメリットがあります。新規ユーザーの場合、レッスン当日に場所がわからないという連絡があったり、実はアレルギーで食べられない食材があったと発覚したりと、先生にとっても対応に困る可能性があります。初めてレッスンに参加するユーザーに事前に連絡をすることで、レッスン当日の思いがけないユーザー対応を減らすことに繋げます。

 

ユーザーへの接客でもあり、先生にとってのリスク回避でもあるので、ぜひお取り組みいただけたらと思います。

 

グループメッセージを有効活用しよう!(活用事例紹介)

レッスン日程ごとに予約者全員に対してメッセージを送信する「グループメッセージ」。ほとんどの先生は以下の目的で利用しています。

 

 ・レッスンに関する追加連絡

「保冷剤を持参してもらいたいのに、ページに書き忘れた」など、レッスンに関して追加で参加者全員にお知らせしたいことがある場合、グループメッセージを利用します。

 

 しかし、それ以外の利用方法をされている先生もいらっしゃいます。

 

・レッスン前日のリマインド

予約者には、レッスン前日に事務局からの自動送信メールが 送られていますが、それとは別に、グループメッセージを利用し、明日のレッスンの持ち物や会場、注意事項などを先生ご自身の言葉で伝えている先生もいらっしゃいます。ユーザーへの接客でもあり、先生にとって当日の思いがけないユーザー対応の発生を防止することにもなりますね。

 

・レッスン後のお礼(次回レッスンの案内)

レッスンの後、参加したユーザー全員に対してレッスンのお礼を伝えたり、レッスン中に伝えたコツを再度お伝えしたりしている先生もいらっしゃいます。また、予約可能なこれから開催するレッスンの紹介をし、リピートを促すのもおすすめです。

 

まとめ

メッセージ機能は、ユーザーとのコミュにケーションをとる手段として、問い合わせだけでなく、集客、接客にもなるツールです。また、ちょっとした一手間で、レッスン当日の先生の負担を軽減することにもつながります。

 

ぜひ、ご利用ください。

 

なお、送信方法は、以下のヘルプページをご参照ください。

 

help.cookpad-cooking-school.com

help.cookpad-cooking-school.com