クックパッド料理教室事務局ブログ

先生向けのお知らせやトレンド情報などをお伝えしています

【ご報告】参加者数10万人突破記念パーティー@クックパッド恵比寿オフィス

クックパッド料理教室は、のべ参加数が10万人を突破いたしました!先生方への日頃の感謝の気持ちを込め、2018年1月25日(木)に恵比寿のクックパッド本社オフィスにて「参加者数10万人突破記念パーティー」を開催いたしました。

 

当日は90名近くの先生にご参加頂き、大盛況となりました!

f:id:cookstep:20180126142657j:plain

 まずは、料理教室事業部部長である福崎康平の挨拶でスタート。

f:id:cookstep:20180126143259j:plain

これまでの自身の経歴や、クックパッド料理教室への想いなどを

お話しさせていただきました。

続いて、料理研究家・浜内千波様よりご講演いただきました。

f:id:cookstep:20180126144419j:plain

f:id:cookstep:20180126144130j:plain

講演を聴いた先生方からは、

「プロの厳しさや、工夫、熱意が伝わりました」

「料理研究家としての志に大変共感しました」

「技術と共に”人間力”も磨いていきたいです」といった

喜びのお声をいただきました。

 

続いて、「グッドスクール賞」の発表を行いました。

2017年3月〜12月の9ヶ月間のデータをもとに、5つの部門にわたって

教室を表彰しました。

受賞された各教室の先生方、おめでとうございます!!

f:id:cookstep:20180126152934j:plain

グッドスクール賞の詳細については、下記ページをご覧ください!

cookingschool-know-how.cookpad.com

 

グッドスクール賞発表の後は、華やかなお食事を囲んでの懇親会。

f:id:cookstep:20180126155502j:plain

f:id:cookstep:20180130113941j:plain

会場には、クックパッドと慶応大学SFC井庭研究所が共同研究した成果物を発表する場も設けました。学生の説明に、先生方も興味津々の様子!

f:id:cookstep:20180126155544j:plain

 

 沢山の笑顔とエネルギーにあふれた時間となりました!

ご参加いただきありがとうございました。

 

【ご報告】2017年度グッドスクール賞

2017年度あらゆる側面からご尽力いただいた教室を【5部門】にわたって、

「参加者数10万人突破!お祝いパーティー」にて発表いたしました。

※2017年3月から12月の9ヶ月間のデータをもとに選出しております。

f:id:cookstep:20180129171255p:plain

  ■ニューオープン教室

2017年3月以降にオープンした教室の中で、オープン後90日以内にリピーターをより多く獲得した教室

第1位: ちとふな オンザテーブル韓
第2位: 料理教室 La Vie
第3位: 逗子のパン教室 くわぱん
第4位: キッチンスタジオ ぼんしいく
第5位: おうちごはん教室 ぴのぱん

■男性参加率の高い教室

2017年3月から12月の期間で、受講されたユーザーのうち男性の参加者数が多かった教室

第1位: 橋口孝司・燻製料理とお酒の教室
第2位: コグレクッキングサロン
第3位: サカナバッカキッキングスクール お魚さばき教室
第4位: 和食料理教室NOJI
第4位: ラ フォンティーナイタリア料理教室
第5位: フランス家庭料理 グルトンベール クッキングサロン

■リピーターの多い教室

2017年3月から12月の期間で、リピーターが多かった教室

第1位: naonao's kitchen おうちごはん教室
第2位: スイーツボックス 都島教室〜パイと焼き菓子・アメリカンスイーツ〜
第3位: ピルゥファス神楽坂
第4位: 「favori」〜おいしくかわいく素敵をプラス〜苫小牧教室
第5位: cooking club Rasa Bahagia[ラサ・パハギア]

■埋まり率の高い教室

2017年3月から12月の期間で、公開された席数が200席以上で実際にレッスンを受講されたユーザーが数の割合が高い教室

第1位: 傅十郎:和食料理教室
第2位: ピルゥファス神楽坂
第3位: フランス家庭料理 グルトンベール クッキングサロン
第4位: naonao's kitchen おうちごはん教室
第5位: Kitchen studio Kie(キッチン スタジオ Kie)横浜屏風浦

参加者数の多い教室

2017年3月から12月の期間で、参加されたユーザーが多かった教室

第1位: スタジオ・クリエイタブル上北沢
第2位: デイリーデイリー!ミルポア料理教室(Salon de cuisine Mirepoix)
第3位: Gohan&Co
第4位: Kitchen studio Kie(キッチン スタジオ Kie)横浜屏風浦
第5位: ピルゥファス神楽坂

 

各賞を受賞された先生方、おめでとうございます!!

f:id:cookstep:20180129192925p:plain

【ご報告】座談会@クックパッド恵比寿オフィス を開催しました!

20171227日(水)、5名の先生にお集まりいただき、恵比寿のクックパッド本社オフィスにて、座談会を開催いたしました。

 

今回の座談会は少人数でのテスト開催で、首都圏で運営されている教室のみのお声がけとなり全教室へのご案内ではなかったことや、先着順での参加受付となり、残念ながらご参加いただけなかった先生もいらっしゃったこと、大変心苦しく思っておりますが、今後もこのような機会を検討してまいりますので、ご容赦いただけますようお願いいたします。

 

それでは、早速、今回の座談会をレポートいたします。

 

座談会とは?

1つのテーマについて、講師の先生方同士で意見交換をしていただく、クックパッド料理教室事務局主催のイベントです。

テーマについてそれぞれの教室運営ノウハウを共有いただき、今後の教室運営の参考にしていただくとともに、先生同士の交流の機会となればと企画し、テスト開催をいたしました。

 

今回のテーマは、「次回レッスンの効果的な案内方法」

先生おひとりずつ簡単な自己紹介をしていただいたあと、テーマについて取り組んでいることを付箋に書き出していただきました。5分の時間をとったのですが、みなさん、たくさんアイディアが出てきて、あっという間に5分が経ちました。

 

f:id:cookstep:20171227163208j:plain

 

次に、付箋をホワイトボードに貼りながら、書き出したアイディアについてほかの先生方に共有をしていただきました。

 

f:id:cookstep:20171227163917j:plain

 

メモを取っていらっしゃる先生方の姿や「ウンウン」「なるほどー!」というお声がたくさんあったことが印象的でした。

 

最後に、ほかの先生が発表したことを参考に、ご自身の教室で取り入れてみたいこともおひとりずつ発表していただきました。

 

先生方のアイディアまとめ

先生方から挙がったご意見をグループに分けると5つのグループに分けられました。

 

1.レッスン自体の満足度を高めること

今回のテーマは次回レッスンの効果的な案内方法でしたが、次回レッスンの案内をして予約につなげるためには、レッスンが満足できるものであることが前提となり、そのお取り組みについてたくさんのアイディアが挙がりました。

 

メニューの決め方、季節感を意識した会場空間の作り方などたくさんのアイディアがありましたが、レッスンに参加するユーザーの期待を越えることがレッスンの満足度を高めるため取り組みの共通点でした。

 

2.次回参加可能なレッスンを準備しておくこと

次回レッスンの案内をするためには、次にどのようなレッスンを実施するかが決まっていることから始まります。そのため、早めにレッスン登録をして予約につなげるという意見がいくつも挙がっていました。

 

※これまでにユーザーの予約データを見たりユーザーインタビューをしたりして、レッスン実施の2ヶ月前までにレッスン登録をすると、予約につながりやすいということがわかっています。そのため事務局としては、レッスン実施の翌々月までにレッスン登録をしていただくことをおすすめしています。

 

また、美味しそうと思ってもえる写真を撮るという意見も挙がっていました。

「写真=情報」なので、どれくらいのボリュームなのかなどレッスンがイメージできる写真を掲載することが集客には重要になりますね。先生の分身として、レッスンの魅力を伝える営業マンの役割をもつ写真やレッスンページの文章。「もっと頑張ろう」というお声がお聞きできたのが嬉しかったです。

 

3.次回参加可能なレッスンをレッスン時に紹介すること

レッスンに参加している時が一番満足感を感じていて、また次回参加したいという気持ちが高まっている時です。「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、レッスン中に次回参加可能なレッスンを紹介することが大切です。

 

以下のようなお取り組みで、自然と次回予約可能なレッスンの話題になるよう工夫している先生もいらっしゃいました。

・クックパッド料理教室の機能にある「次回案内チラシ」を配布する

・PCで次回予約可能なレッスンのページを開いておく

・試食の時に先生から次回開催するレッスンの話題をする(自信を持って!)

 

4.レッスン後のフォロー・つながり作り

レッスンの後にも生徒さんとコミュニケーションを図り、レッスンの満足度を高めるとともに、次回予約可能なレッスンの紹介をするアイディアが挙がっていました。

 

・グループメッセージを使って、レッスンのお礼や次回案内をする

・InstagramなどのSNSの紹介や情報発信

 

今まで取り組んではいたけれど、もっと積極的に使っていこうというお声が挙がっていました。

 

5.ユーザーニーズに応える

こちらも1.レッスン自体の満足度を高めることでもありますが、次のレッスンの参加に向けた動きとして分けて整理しました。

 

・レッスンの時に、次に参加したいレッスンの日程やメニューのリクエストを受け付ける

・初回の生徒さんにアンケートを実施し、レッスン参加の動機(どういう欲求を満たしたいのか)、今後作りたいメニューなどを把握し、それに基づいたレッスン開催やレッスン運営をする 

 

以上が先生方から挙がったアイディアのまとめです。

 

このブログを読んでくださっている先生のレッスン運営の参考になるアイディアがありましたら、ぜひ、実践していただけたらと思います。

 

 

ご参加くださった5名の先生、ありがとうございました!

 

https://files.slack.com/files-pri/T02EQRUNZ-F8LBBURP0/dsc_2344.jpg

 

 

2018年1月25日(木)には、また恵比寿オフィスでの開催となりますが、参加数10万人突破記念パーティーがございます。たくさんの先生方に直接お目にかかれることを楽しみにしております!

 

年末年始、生徒さんにご挨拶メールを送りませんか?

今年も残すところ1週間あまり。

すでに今年最後のレッスンを終えられた先生も、12/31までレッスンを予定している先生もいらっしゃいますね。

 

今年、レッスンを通じて生徒さんとの素敵な出会いがあったことと思います。

 

クックパッド料理教室の「集客メール」の機能を使って、生徒さんに年末年始のご挨拶メールを送りませんか?

 

                                        f:id:cookstep:20171220152829j:plain 

 

フリーフォーマットの「集客メール」を使おう!

「集客メール」は、レッスンの案内のみに利用しているという先生が多いのですが、他の利用方法も可能です。

 

例えば

・レッスン公開日時の事前告知

・複数公開しているレッスンの残席リスト

・冬休みのお知らせ

 

などです。

 

そして、年末年始のご挨拶にも、この機能をご利用いただけます。

 

年末年始のご挨拶を送る際のポイント

集客メールの送信対象は以下のユーザーです。

  • 教室をお気に入りに登録しているユーザー
  • 過去に教室のレッスンを予約し、予約時にメルマガ受信を希望したユーザー

 

つまり、これまでにレッスンの予約をしたことがないユーザーも含み、先生からの情報を待っているユーザーに対してメールを送れます。

 

先生の教室やレッスンに興味を持っていらっしゃるので、予約受付中のレッスン紹介もしていただけたらと思います。

2018年1月2月のレッスン登録がお済みでない先生は、年末年始のご挨拶メール送信までにレッスン登録をして、ぜひ予約につなげていただきたいと思います。

 

なお、集客メールの送信方法は、以下のヘルプページをご参照ください。

help.cookpad-cooking-school.com

 

以上です。

 

ぜひご活用ください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【共有】今月ユーザーから多く寄せられているご意見Top3

クックパッド料理教室事務局に対して、ユーザーからご意見が寄せられています。ユーザーからのご意見は、先生のレッスン運営をさらによくするヒントとなると思いますので、定期的に共有させていただきます。

 

今回は、今月ユーザーから寄せられたご意見で多いものを3つご紹介します。

 

<ユーザー対応>ユーザーの遅刻対応

▼ユーザーからのご意見

30分以上遅刻してくるユーザーがいて先生が対応に困っている様子でした。パンのレッスンだったので、発酵時間がずれてしまうなどして、レッスン時間が延びてしまいました。遅刻者は参加できないようにできないのでしょうか。

 

遅刻者の対応については、先生からもたびたびご相談いただくことがあります。

遅刻者対応の際に最も重要なのは、時間通りにいらっしゃった他の生徒さんをお待たせしたり、予定よりもレッスン終了時間が遅れたりして、他の生徒さんのレッスン満足度を下げないようにする、ということです。

遅刻者の対応は、教室ごともしくはレッスンごとに、方針を決め、事前にレッスンページの注意事項に記載したり、前日にグループメッセージを配信して再度注意喚起をしたりしておくことが、先生にとってもユーザーにとっても重要です。

 

<遅刻者の対応方針を決める際のポイント>

遅刻者側のユーザーは、自身が遅刻したことで、途中の工程が確認できなかったり、直接作業できない部分があったとしても、最終的にレシピがもらえ、出来上がった料理の試食や、出来上がったケーキ・パンの持ち帰りができれば、クレームにつながることはほとんどないようです。

どれくらいの遅刻までであればその対応が可能なのかどうか、メニューによって考えていただき、レッスンページに記載するのがおすすめです。

 

(例)先生からの説明のあと、ひとりずつ手ごねでパンをこねるレッスン

生徒が作業をする時間までに教室に到着すれば、他の生徒さんに迷惑がかからずに進行できる(生徒が作業を開始するのがレッスン開始から約10分後の場合)

→「レッスン開始 10分以上の遅刻は欠席扱いとなり、入場不可とさせていただきます」と注意事項に記載し、前日にグループメッセージでも伝える 

 

(例)みんなで一緒に作業をして料理をするレッスン

参加している生徒で人数分の料理を一緒に作れるので、試食する時までに遅刻者が到着すれば、他の生徒に迷惑がかからずに進行できる

→「時間になりましたらレッスンを開始いたします。遅刻する場合は、調理工程が見れらないものもありますので、ご了承ください。」と注意事項に記載し、前日にグループメッセージでも伝える

 

上記はあくまでも一例となりますので、先生が公開されるレッスンのメニューや進行タイムスケジュールを踏まえ、方針や記載する文言、メッセージ内容はご検討いただけると良いと思います。

検討されるなかで、お悩みのことがありましたら、事務局へご相談ください。

 

<衛生管理>味見のスプーン

▼ユーザーからのご意見

「レッスン中ポイントとなる部分で味見をさせてくれるので、そこはすごくいいなと思っているのですが、味見用のスプーンをレッスン中に使い回すのに抵抗があります。もちろん、味見したあとは洗ったりティッシュで拭き取ったりするのですが、一度口につけたものを、みんなでシェアする料理の味見にまた使うのは衛生的に心配です。風邪が流行っている時期でもあるので、味見のたびに新しいスプーンにして欲しいです。」

 

直接先生に伝えにくいため、事務局へのメールやフィードバックコメントを寄せる方が何人かいらっしゃいました。

 

味見をすることは、料理の味を決める大事なポイントなので、先生からご案内いただいていると思いますが、味見用のスプーンはたくさんご用意いただくか、100円ショップなどで販売している使い捨てのプラスチックスプーンを利用することをおすすめします。

  

<機能利用>日程リクエスト機能の使い方

▼ユーザーからのご意見

「参加したい教室は日程リクエストができない。システムに問題があるのですか?」

 

日程リクエストについては、教室ごとにリクエストを受けるか受けないか、設定をしていただいています。初期設定では、無効になっています。今一度、管理画面の「日程リクエスト」ページから、ご自身の教室の設定をご確認ください。

日程リクエストを有効にすると、ユーザーから教室へ日程や時間帯の要望を伝えることが可能になります。ただし、必ずしもユーザーの日程リクエストに応じなければならないという機能ではないため、要望に応じてレッスンを開催するかしないかは、教室側で判断いただくことになります。

日程リクエスト機能は上手に使いこなせば、集客チャンスを広げることにもなりますので、ぜひ効果的にご利用くださいませ。

 

 

<日程リクエストを利用する際のポイント>

日程リクエストは、ユーザーのニーズを探る情報収集ツールです!

日程リクエストを受けた場合、先生のご都合や集客できそうな日程かどうか、材料が手に入る時期かどうかなどを考慮して、先生ご自身の判断で増枠を決めていただけたらと思います。

 

「直近の日程でリクエストをもらい、予定を開けて増枠したけれど、予約が入らなかった・・・」というお声や「リクエストを受けて増枠しているが、結局1席しか埋まらないことがある」といったお声を先生からいただくことがあります。

 

特定のユーザーだけでなく一般ユーザーにとってもニーズがありそうな日時か、集客に十分な期間があるか、集客力のあるメニューか、先生に負担なく実施できるレッスンか、などを考慮したうえで、増枠を検討していただけたらと思います。

必ずリクエストに応じなければならない機能ではありませんので、ご無理のないよう、効果的に活用してください。

 

help.cookpad-cooking-school.com

 

以上です。

 

ご不明点やご質問がございましたら、事務局にご連絡くださいませ。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

メッセージ機能、有効活用していますか?

ユーザーと先生のコミュニケーションツールのひとつであるメッセージ機能

今回は、メッセージ機能の有効活用方法をご案内します! 

 

メッセージ機能とは

f:id:cookstep:20170713152045j:plain

 メッセージ機能は、レッスンの予約者と先生との間でメッセージの送受信ができる機能です。

 

 予約者個人に対して送れる「個別メッセージ」と、レッスン日程ごとに予約者全員に対してメッセージを送信する「グループメッセージ」があります。

 

次にそれぞれの活用事例をご紹介します。

 

個別メッセージを有効活用しよう!(活用事例紹介)

レッスンの予約者個人との連絡手段である「個人メッセージ」。ほとんどの先生は以下の目的で利用しています。

 

・ユーザーからの問い合わせ

ユーザーから遅刻連絡、教室までの交通手段などの質問を受け、それに回答するために個別メッセージ機能を使用します。

 

・緊急の連絡

台風や先生の体調不良などでやむを得ず休講する場合などで、確実に各予約者に連絡をするために個別メッセージを使用します。

※この場合、グループメッセージを利用すると、確実に全ユーザーに連絡が取れず、トラブルになる可能性があるので、必ず、個別メッセージをご利用ください。

 

しかし、個別メッセージの利用方法はこれだけではありません!

 

・新規ユーザーへの挨拶

新規ユーザーからの 予約があった場合、受領メールとは別に、個別メッセージ機能を使って、先生からユーザーに挨拶メッセージを送っています。

 

初めて参加する教室の場合、「どんな先生かな」と不安に思っているユーザーもいるので、先生から事前にメッセージがあると、安心してレッスンに臨めるようです。

また、先生にとっても新規ユーザーに事前に連絡するメリットがあります。新規ユーザーの場合、レッスン当日に場所がわからないという連絡があったり、実はアレルギーで食べられない食材があったと発覚したりと、先生にとっても対応に困る可能性があります。初めてレッスンに参加するユーザーに事前に連絡をすることで、レッスン当日の思いがけないユーザー対応を減らすことに繋げます。

 

ユーザーへの接客でもあり、先生にとってのリスク回避でもあるので、ぜひお取り組みいただけたらと思います。

 

グループメッセージを有効活用しよう!(活用事例紹介)

レッスン日程ごとに予約者全員に対してメッセージを送信する「グループメッセージ」。ほとんどの先生は以下の目的で利用しています。

 

 ・レッスンに関する追加連絡

「保冷剤を持参してもらいたいのに、ページに書き忘れた」など、レッスンに関して追加で参加者全員にお知らせしたいことがある場合、グループメッセージを利用します。

 

 しかし、それ以外の利用方法をされている先生もいらっしゃいます。

 

・レッスン前日のリマインド

予約者には、レッスン前日に事務局からの自動送信メールが 送られていますが、それとは別に、グループメッセージを利用し、明日のレッスンの持ち物や会場、注意事項などを先生ご自身の言葉で伝えている先生もいらっしゃいます。ユーザーへの接客でもあり、先生にとって当日の思いがけないユーザー対応の発生を防止することにもなりますね。

 

・レッスン後のお礼(次回レッスンの案内)

レッスンの後、参加したユーザー全員に対してレッスンのお礼を伝えたり、レッスン中に伝えたコツを再度お伝えしたりしている先生もいらっしゃいます。また、予約可能なこれから開催するレッスンの紹介をし、リピートを促すのもおすすめです。

 

まとめ

メッセージ機能は、ユーザーとのコミュにケーションをとる手段として、問い合わせだけでなく、集客、接客にもなるツールです。また、ちょっとした一手間で、レッスン当日の先生の負担を軽減することにもつながります。

 

ぜひ、ご利用ください。

 

なお、送信方法は、以下のヘルプページをご参照ください。

 

help.cookpad-cooking-school.com

help.cookpad-cooking-school.com